トリプル四重極 LC/MS による飲料水中 sub ng/L レベルの内分泌かく乱化学物質の測定

Agilent 6495 トリプル四重極LC/MS システムによる飲料水中 sub ng/L レベルの内分泌かく乱化学物質の測定

Pub.No. 5991-4685JAJP

【要旨】

ダイナミックマルチプルリアクションモニタリング (DMRM) および高速極性 (ポジティブ/ネガティブ) 切り替えモードで動作する新しい Agilent 6495 トリプル四重極 LC/MS システムを使用して飲料水中の低濃度 (ng/L) の内分泌かく乱化学物質 (EDC:Endocrine-Disrupting Chemicals) を高い精度、真度、堅牢性で測定する方法について説明します。固相抽出 (SPE) メソッドによる手間と時間がかかるサンプル濃縮の代わりに、この LC/MS システムの高い感度を利用し、水道水サンプ ルの大容量ダイレクト注入を使用することで分析を簡素化しました。

分野 環境
キーワード 内分泌かく乱化学物質、 SPE、 LC/MS、 水道水、環境、飲料水、6495、 トリプル四重極LC/MS 
掲載年月 2014/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 370kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6495 トリプル四重極 LC/MS システム
見積フォームを開く