潜在的遺伝毒性分解不純物のスクリーニングと同定

Q-TOF LC/MS と Advanced ソフトウェアソリューションを使用した潜在的遺伝毒性分解不純物のスクリーニングと同定

Pub.No. 5991-4404JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent LC および LC/MS システムをさまざまな Agilent ソフトウェアソリューションと組み合わせて使用することで、潜在的遺伝毒性分解物をスクリーニングし、同定し、単離する方法について説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 遺伝毒性分析、 atorvastatin、 MSC ソフトウェア、不純物、 MPP、 Q-TOF、 1290 Infinity LC、 SQ、 フラクションコレクタ、5991-4404JAJP 
掲載年月 2014/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.00MB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6500 シリーズ Q-TOF LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

未分解サンプルと分解サンプルの TIC の重ね表示。
分解サンプルの TIC で観察された新しい重要な
ピークに印を付けました