Poroshell 120 PFP カラムを使用した位置異性体の分析

Poroshell 120 PFP カラムを使用した位置異性体の分析

Pub.No. 5991-4373JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、トリメトキシベンゼンとジニトロベンゼンの 3 種類の位置異性体の分離を Agilent Poroshell 120 PFP カラムで行います。さらに、EPA 8330 に記載された14 種類の爆発性化合物の分離についても説明します。この混合物には複数の位置異性体対が含まれています。多くの場合、これらの位置異性体の完全な分離は Poroshell 120 PFP カラムだけで実施できます。それ以外には、有機溶媒含有量を下げると他の一部のカラムでも完全な分離が可能です。

分野 環境
キーワード 位置異性体、トリメトキシベンゼン、ジニトロベンゼン、 120、 Poroshell、 EPA、 8330、 PFP、 カラム、LC 
掲載年月 2014/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 422kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Poroshell カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

さまざまな Agilent Poroshell 120 相でのトリメトキシベンゼンの位置異性体の分離 (Agilent Poroshell 120、4.6×50mm カラム、70:30 水:メタノール、1.5 mL/min、40ºC、254nm 上のトリメトキシベンゼン混合物)