シリーズトリプル四重極 GC/MS システムを使用したレッドチリパウダー中の複数の農薬残留物質の特定

Agilent BondElut QuEChERS キットと Agilent 7000 シリーズトリプル四重極 GC/MS システムを使用したレッドチリパウダー中の複数の農薬残留物質の特定

Pub.No. 5991-4193JAJP

【要旨】

レッドチリの農薬残留物質の分析は、色素が原因で困難だと考えられています。これらのマトリックス成分は、サンプル前処理の間に、ターゲット化合物と一緒に共溶出していました。このような共溶出のため、頻繁なイオン源のメンテナンスと、ライナーやカラムの交換が必要でした。このため、サンプル前処理のメソッドを改良し、ライナーとカラムの寿命を延ばすことを検討しました。この前処理とAgilent 農薬データベースから、農薬残留物質を正確に特定できました。Agilent BondElut QuEChERS を使用して、さまざまな分散吸着剤による前処理を行い、抽出しました。レッドチリの抽出物は、Agilent 7890 GC とAgilent 7000 トリプル四重極GC/MS システムを使用し、GC/MS/MS のMRM モードで分析しました。

分野 食品
キーワード QuEchERS、 サンプル前処理、チリパウダー、食品安全性、 RTL、 G9250AA、 GC/MS、 7000 
掲載年月 2015/02
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 373kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7000 シリーズ
トリプル四重極 GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent 農薬データベースにある、すべての利用可能なエチオンのトランジション