LC/MS を使用したスクラロースの同定とフラグメント化

Pub.No. 5991-4066JAJP

Accurate-Mass Q-TOF LC/MS および Molecular Structure Correlatorソフトウェアを使用したスクラロースの同定とフラグメント化

水中スクラロースの同定について、ポジティブとネガティブの両方のエレクトロスプレーイオン化 (ESI) モードで使用した Accurate-Mass Q-TOF LC/MS および MS/MS を評価しました。シグナルとフラグメント化の経路を調べました。ポジティブまたはネガティブイオン ESI モードでQ-TOF LC/MS を使用したところ、スクラロースを感度よく検出することができました。ポジティブイオンモードで得られたシグナル強度は、全体としてネガティブイオンモードの約2 倍になりました。

分野 食品環境
キーワード Accurate-Mass Q-TOF LC/MS、MS/MS、Molecular Structure Correlator、水中スクラロース、ESI、食品、環境 
掲載年月 2014/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 743kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 6540 Accurate-Mass Q-TOF LC/MS

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

測定精密質量を示す(A) ネガティブイオンモードおよび(B) ポジティブイオンモードでのスクラロースの Q-TOF LC/MS 分析の結果。