カモミールのPLS 判別予測モデルの構築と市販の花およびエッセンシャルオイルへの適用

Agilent 5975 GC/MSD とMPP ソフトウェアによるカモミールのPLS 判別予測モデルの構築と市販の花およびエッセンシャルオイルへの適用

Pub.No. 5991-3969JAJP

【要旨】

市販のハーブ製品の製造に使用されるカモミールの由来を確認するために、統計モデルを開発しました。このモデルは、Agilent 7890 GC および Agilent 5975 GC/MSD によって得られた正確な測定結果を使用して開発したものです。サンプルの品質管理は主成分分析(PCA) によって行い、PLS 判別分析(PLS-DA) に基づくサンプルクラス予測モデルを構築しました。カモミールが含まれる 35 種類の市販品と 11 種類のエッセンシャルオイルに、このPLS 判別予測モデルを適用しました。

分野 食品
キーワード GC/MS、 GC、 MS、 カモミール、エッセンシャルオイル、多変量解析、 MPP、 
掲載年月 2014/05
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 283kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5975 GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ドイツカミツレ(上部パネル)、ローマカミツレ(中央パネル)、菊花(下部パネル)の一般的なクロマトグラム。