シリンジフィルタによるろ過と HPLC を使用した飲料中食品添加物の分析

シリンジフィルタによるろ過と HPLC を使用した飲料中食品添加物の分析

Pub.No. 5991-3737JAJP

【要旨】

飲料に含まれる食品添加物を分析するためのサンプル前処理で Agilent Captiva プレミアムシリンジフィルタを詳細にテストしました。このサンプル前処理メソッドは、HPLC 分析前の直接注入または希釈のみでの注入のためのサンプルろ過を目的としています。ろ過を評価するために、幅広い化学特性および物理特性を持つ 13 種類の一般的な食品添加物を選択しました。Agilent Poroshell 120 EC-C18 カラムを用いた HPLC メソッドを使用して、ろ過後の対象化合物の回収率を評価しました。結果から、サンプル溶液や対象化合物に基づいてろ過メンブランを適切に選択すると、Agilent Captiva プレミアムシリンジフィルタで幅広い食品添加物について優れた回収率が得られることがわかりました。

分野 食品
キーワード 食品添加物、 Poroshell、 120、 EC-C18、 カラム、 シリンジフィルタ、Captiva、サンプル前処理、 HPLC 
掲載年月 2014/04
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 451kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Captiva プレミアムシリンジフィルタ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

50 μg/mL の混合標準試料(13 種類の食品添加物) のHPLC クロマトグラム