モノクローナル抗体(mAb) の高速高効率ペプチドマッピング

モノクローナル抗体(mAb) の高速高効率ペプチドマッピング

Pub.No. 5991-3585JAJP

【要旨】

この研究では、AdvanceBio ペプチドマッピングカラムを用いて、短い分析時間でモノクローナル抗体(mAb) トリプシン分解物のLC/MS ペプチドマッピング分析をおこないました。また、AdvanceBio カラムと他社製サブ2 μm UHPLC ペプチドマッピングの性能を比較しました。

分野 クリニカル製薬/バイオ医薬品
キーワード AdvanceBio、 ペプチドマッピング、カラム、モノクローナル抗体、mAb、 トリプシン分解物、LC/MS、 
掲載年月 2014/05
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 991kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6530 Accurate-Mass Q-TOF LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

AdvanceBio ペプチドマッピングカラムの最適化による高速ペプチドマッピング分析の実現。グラジエント10~40 % B、DAD : 215 nm、40 ℃。