7890B GC と ラージバルブオーブンを用いたパックドカラムリファイナリガス分析システム

Agilent 7890B GC システムと G3507A ラージバルブオーブンを用いたパックドカラムリファイナリガス分析システム

Pub.No. 5991-3535JAJP

【要旨】

3 チャンネル検出器を搭載した Agilent 7890B GC システムでリファイナリーガスの測定を行いました。チャンネル1 はFID とアルミナ PLOT カラムを使い、メタンから C6+ の炭化水素を測定します。水素はチャンネル3 で測定し、キャリアガスは窒素を使用します。チャンネル2 は G3507A のラージバルブオーブン (LVO) での一定温度の追加オーブンとヘリウムキャリアを用い無機ガスと硫化水素を測定します。分析時間は 15 分から 18 分程度で終了します。

分野 エネルギー&石油
キーワード メタン、炭化水素、石油、石油化学、製油所ガス、リファイナリガス、パックドカラム、GC、7890、 G3507A 
掲載年月 2014/04
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 444kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7890B GC システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

RGA アナライザの全3 チャンネル。サンプルは RGA 確認用サンプル 5190-0519。