食品中の農薬と有機化学汚染物質のスクリーニング

フルスキャンGC/MS およびMassHunter Quant のターゲットデコンボリューションを使用した食品中の農薬と有機化学汚染物質のスクリーニング

Pub.No. 5991-3329JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、食品抽出物中の農薬およびその他の有機汚染物質をターゲットとする同定に Agilent MassHunter 定量ソフトウェアのターゲットデコンボリューション(TD) 機能を使用する方法を説明します。TD では、デコンボリューションしたマススペクトル全体とリファレンスライブラリのマススペクトルを一致させることで、リテンションタイムとイオン比の測定を使用した場合よりも高い信頼性で対象化合物の同定を行います。

分野 食品環境
キーワード MassHunter、 GC/MS、 TD、 デコンボリューション、 食品、 農薬、 有機化学汚染物質 
掲載年月 2014/05
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.34MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5977A シリーズ GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

化合物クロマトグラムの一覧。1 つ以上の外れ値を持つターゲット化合物は赤色にハイライトされます。