加熱脱着 (TD) 技術サポートノート 86a

加熱脱着 (TD) 技術サポートノート 86a : 吸着剤チューブと冷媒不要の自動加熱脱着を用いた環境大気中「有害大気汚染物質」のモニタリングに関する EPA メソッド TO-17

Pub.No. 5991-2828JAJP

【要旨】

Agilent GC/MS と Markes International の Series 2 ULTRA UNITY Air ToxicsAnalyzer の組み合わせにより、ヘキサクロロ-1,3-ブタジエンまでの TO-17 「大気汚染物質」 の分析においては、吸着剤チューブ上濃度 0.1ppb までの定量的検出が可能なことが実証されました。MS を SIM モードで使用するか、サンプリングする大気量を増やせば、さらに低い濃度の測定も可能です。

分野 環境
キーワード TD、 吸着剤チューブ、 EPA、 TO-17、 環境、大気、加熱、脱着、GC、Markes、 
掲載年月 2014/01
ページ数 7ページ (PDFファイルサイズ 1.72MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ATA チューブと DB-624 カラムを用いて
1 ppb 標準試料 1 L 相当のサンプルを
10:1 スプリット条件で分析した結果