大気モニタリング - キャニスターとチューブそれぞれの利点とアプリケーション

加熱脱着 (TD) 技術サポートノート 79 : 大気モニタリング - キャニスターとチューブそれぞれの利点とアプリケーション

Pub.No. 5991-2826JAJP

【要旨】

大気中の揮発性 (気相) 有害大気汚染有機物質 (HAPS)は、大気質の指標として、多くの産業環境や都市環境でモニタリングされています。そうした物質は、塩化メチルからヘキサクロロブタジエンやトリクロロベンゼンなど、さまざまな揮発性を持ち、極性化合物や無極性化合物が含まれます。有害大気汚染物質に関連する大気モニタリングについては、複数の各国および国際的標準メソッドが開発されています。

分野 環境
キーワード 大気、環境、モニタリング、有害大気、汚染物質、GC、GC/MS、Markes、Environmental、 Air toxics、 Canisters、 On-line sampling  
掲載年月 2013/11
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 751kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

40 ℃ で セダン型自動車内で採取された空気。
総 VOC 濃度 : 9.7 ppm