HPLC-ICP-MS を用いた乳幼児向け米シリアル中無機ヒ素のスペシエーション分析

HPLC-ICP-MS を用いた乳幼児向け米シリアル中無機ヒ素のスペシエーション分析

Pub.No. 5991-2568JAJP

【要旨】

米国食品医薬品局(FDA) のEAM : セクション4.11 で定められているメソッドとICP-MSを用いた乳幼児用米シリアルの調査では、分析したすべての米シリアルの中にヒ素種が測定されました。ヒ素種の検出下限(LOD) はおよそ0.9 ng/g から1.8 ng/g で、定量下限(LOQ) は7 μg/kg から14 μg/kg、相対標準偏差(%RSD) は1.7 から6.7 % となりました。(7800 ICP-MS でも検証済、2017/8月更新)

分野 食品
キーワード ヒ素、シリアル、乳幼児、ベビーフード、FDA、 EAM、 4.11、 ICP-MS、 HPLC-ICP-MS、 7700、 1200、  
掲載年月 2014/04
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 849kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

EAM 4:11 メソッドの検量線