最適なペプチド分析のために:ペプチドマッピングの基礎

最適なペプチド分析のために:ペプチドマッピングの基礎

Pub.No. 5991-2348JAJP

【要旨】

逆相クロマトグラフィーによるペプチドマップ作成における重要点と、ペプチドマッピング手順に用いられる基本的なテクニックを紹介し、分離の最適化を行って、優れた結果を得るための方法を説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード ペプチドマッピング、バイオ医薬品、組み換えタンパク質、トリプシン、酵素分解、断片、タンパク質、同定 
掲載年月 2013/10
ページ数 24ページ (PDFファイルサイズ 6.32MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent バイオ HPLC ゲルろ過 SEC-3 カラム, ほか
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent Polaris C18-A、2.0 x 150 mmカラム(部品番号A2001150X020) を用いたBSA の逆相分離