リンゴ、洋ナシ、およびブドウ中残留農薬の多成分一斉分析法

改良型 QuEChERS 法と LC-QTOF MSを使用したリンゴ、洋ナシ、およびブドウ中残留農薬の多成分一斉分析法

Pub.No. 5991-1872JAJP

【要旨】

抽出に改良型 QuEChERS メソッドを使用し、フルスペクトルモードによる、精密質量データベースを使用した自動同定機能を備えた液体クロマトグラフィエレクトロスプレー四重極飛行時間型質量分析 (LC-QTOF MS) システムを使用して果物に含まれる残留農薬を測定する分析メソッドについて説明します。合計で 96 種類の農薬を、リンゴ、洋ナシ、ブドウの 3 つの異なるマトリックス中で分析しました。

分野 食品環境
キーワード QuEChERS、 サンプル前処理、残留農薬、果物、Q-TOF、LC/MS、固相抽出、飛行時間型、LC、5991-1872JAJP 
掲載年月 2013/08
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 246kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6500 シリーズ Q-TOF LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

LC/QTOF/MS により取得したデルタメトリンのクロマトグラム (A) およびスペクトル (B)。