Agilent イナートフローパスによる乱用薬物分析結果の向上

Agilent イナートフローパスによる乱用薬物分析結果の向上

Pub.No. 5991-1859JAJP

【要旨】

Agilent Ultimate Union で Siltite フェラルと Agilent UltiMetal Plus フレキシブルメタルフェラルの両方を使用し、結果を比較したところ、UltiMetal Plus フレキシブルメタルフェラルを使用する方が、FID 分析におけるベンゾジアゼピンのピーク形状およびレスポンスが向上することがわかりました。

分野 法医学
キーワード GC、 GC/MS、 J&W HP-5ms UI、 7890 GC、 ウルトライナート、 benzodiazepines、 drugs of abuse、 フェラル、Flexible metal Ferrule、 Inert Flow Path  
掲載年月 2013/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.75MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent イナートフローパス
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ポストカラムのUltimate Union にAgilent UltiMetal Plus フレキシブルメタルフェラルとSiltite フェラルを設置したフローパスにおける法医学/毒物学ミックス(1 成分あたり1 ng) のFID クロマトグラムの重ね表示