牛乳中のアミノグリコシド系抗生物質の分析

Agilent Bond Elut Plexa SPE、Agilent Poroshell 120、および LC/Tandem MS を使用した牛乳中のアミノグリコシド系抗生物質の分析

Pub.No. 5991-1758JAJP

【要旨】

牛乳に含まれる残留アミノグリコシド系抗生物質を同時分析するためのメソッドを開発し、バリデーションしました。これらの対象化合物をAgilent Bond ElutPlexa 固相抽出法(SPE) により抽出し、精製した後、エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析装置に結合した液体クロマトグラフィ(LC/タンデムMS) により定量しました。このメソッドは、牛乳中のすべての残留アミノグリコシド系抗生物質についてng/g レベルの検出下限を提供します。これらの化合物の検量線の直線範囲は10~500 ng/g でした。全体的な回収率の範囲は67~107 %、RSD 値は1.7~10.1 % でした。

分野 食品
キーワード アミノグリコシド系抗生物質、 食品安全性、牛乳、Bond Elut Plexa、 LC/MS、 Poroshell 120 SB-C18、 1200、 6460 Triple Quadrupole LC/MS/MS、 aminoglycosides、 antibiotics、 milk 
掲載年月 2013/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 315kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Poroshell 120 カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

0.02 mg/kg でスパイクした牛乳サンプル抽出物のクロマトグラム