有機酸およびアルコールの分析

Agilent J&W DB-624UI ウルトライナート GC カラムを用いた有機酸およびアルコールの分析

Pub.No. 5991-1441JAJP

【要旨】

短鎖脂肪族および芳香族アルコールとカルボン酸の 26 成分混合物を用いて、新たに発売された Agilent J&W DB-624UI カラムを評価し、良好なピーク形状と分離能が得られることを実証しました。このカラムを Agilent 624 以外の相と比較しました。DB-624UI カラムを用いた場合、有機酸については、特定の揮発度 (C3~C8) に関して妥当なピーク幅とピーク対称性が得られました。このことは、これらの化合物をメチルエステルに誘導体化せずに分析できる可能性を示唆しています。

分野 食品環境
キーワード 不活性、ウルトライナート、有機酸、GC、アルコール、J&W、カラム、624、UI、5991-1441JAJP 
掲載年月 2013/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 268kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
DB-624UI ウルトライナート キャピラリGCカラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent J&W DB-624UI GC カラムを用いた試験用混合物の分析では、有機酸に関して充分なピーク形状が得られています。