残留溶媒分析

Agilent J&W DB-Select 624UI USP <467> カラムによる残留溶媒分析

Pub.No. 5991-0616JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、USP 残留溶媒試験において、メソッドに特化して設計およびテストされた Agilent J&W DB-Select 624UI USP <467>、30 m x 0.32 mm、1.8 μm カラムを使用する利点を紹介します。USP <467> 残留溶媒試験を成功と見なすための重要なクロマトグラフィー基準は、重要なピーク対の分離、許容範囲内のシグナル/ノイズ比の実現、ピリジンのピーク形状です。新しいDB-Select 624UI <467> カラムを用いたクラス1、2A、2B 標準のクロマトグラム例を、一般的な他メーカーのカラムで得られた結果と比較しています。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード USP、 467、 残留溶媒試験、 DB-Select 624UI 、 ウルトライナート、 GC、 GCカラム 
掲載年月 2012/12
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 2.17MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7890A/5975C GC/MS システム と
GC カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent J&W DB-Select 624UI USP <467>、30 m x 0.32 mm、1.8 μm カラム(p/n 123-0364UI) を用いて分析した、USP< 467> 規定限界値のクラス1溶媒標準のFID トレース