血液がんの細胞遺伝学的プロファイリングにおける CGH+SNP マイクロアレイの優れたコピー数検出力

血液がんの細胞遺伝学的プロファイリングにおけるAgilent の CGH+SNP マイクロアレイの優れたコピー数検出力

Pub.No. 5991-0409JAJP

【要旨】

最近の高解像度コピー数解析プラットフォームの比較研究では、コピー数解析に関し、長いオリゴヌクレオチドをもつプラットフォームの方が SNP プラットフォームより常に優れた性能を示します。SNP マイクロアレイは一塩基多型 (SNP) を同定して連鎖解析を行うために開発され、DNAコピー数に変化のないヘテロ接合性の喪失 (LOH) も同時検出が可能です。Agilent は特定の SNP コンテンツを Agilent の CGH+SNP マイクロアレイに加え、高解像度の DNA コピー数変化と LOH の同時検出という利点をもたらしました。このアプリケーションノートでは、慢性リンパ性白血病 (CLL) と多発性骨髄腫 (MM) サンプルから精製した DNA を使って Agilent の CGH+SNP マイクロアレイから得られたコピー数解析と LOH データの品質を Illumina 社の SNP マイクロアレイのものと比較しました。

分野 ゲノミクス
キーワード 血液がん、 細胞遺伝学的プロファイリング、 CGH+SNP、 マイクロアレイ、コピー数検出力、 オリゴヌクレオチド 
掲載年月 2012/10
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 807kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
マイクロアレイ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

MM サンプル 6 の 13 番染色体の DNA CN および SNP プロファイル