LC/MS/MS メソッドによる尿中の「バスソルト」成分(メチレンジオキシピロバレロン(MDPV)およびメフェドロン) の定量分析

トリプル四重極LC/MS/MS メソッドによる、尿中の「バスソルト」成分(メチレンジオキシピロバレロン(MDPV)およびメフェドロン) の定量分析

Pub.No. 5991-0180JAJP

【要旨】

合成カチノン(「バスソルト」と称して広く販売されている化合物) が出現し、危険なほど広まっていることから、現代の法医学ラボでは、生体試料中に含まれるそうした規制対象化合物の信頼性の高いスクリーニングや確認、定量が課題となっています。このアプリケーションノートでは、尿中の2 つの規制対象の合成カチノン(3, 4-メチレンジオキシピロバレロン(MDPV) と4-メチルメトカチノン(メフェドロン)) の分析に対応できる、堅牢な定量メソッドを紹介および評価しています。このメソッドは、優れた直線性、低い検出下限(LOD)、優れた再現性/精度、低い定量下限(LOQ) が得られることが実証されています。また、構造的に類似する化合物による妨害は生じず、キャリーオーバーはほとんどありません。

分野 法医学
キーワード バスソルト、合成カチノン、脱法ハーブ、合成麻薬、規制成分、LC/MS、 
掲載年月 2012/11
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.38MB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6460 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

合成尿中で重水素化された形態、および重水素化されていない形態のMDPV とメフェドロンのトータルイオンクロマトグラム(TIC)とMRM クロマトグラム。25 ng/mL で、すべての化合物について高いレスポンスが得られました。