蒸留酒中の微量金属分析

Agilent 7700x ICP-MS オクタポールリアクションシステムを用いた蒸留酒中の微量金属分析

Pub.No. 5990-9971JAJP

【要旨】

Agilent 7700x ICP-MS のオクタポールリアクションシステム (ORS3) を用いて、バーボン、ラム酒、リキュール、日本酒、ウォッカ、アイリッシュウィスキー、スコッチウィスキーのアルコール飲料中の微量金属測定のメソッドを開発しました。7700x を用いれば、簡単なサンプル前処理後、単一セルガスモードで多元素分析が可能です。添加回収試験では良好な結果が得られ、ORS3 を使ったヘリウムモードで全ての干渉を取り除くことができました。本アプリケーションノートでは、7700x を用いたアルコール飲料水中の微量金属分析方法をご紹介します。

分野 食品
キーワード 食品、飲料、微量金属、ICP-MS、ORS、飲料水、ヘリウム 
掲載年月 2012/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 511kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7700x ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Be (ノーガスモード)、U (ノーガスモード)、Mg (ノーガスモード)、Mg (Heモード)、V (ノーガスモード)、V (He モード) の検量線。ノーガスモードでは、質量/元素が明らかに C と Cl 起因の干渉を受けているのがわかります。