自動サンプル前処理を使用したサケ油中の脂肪酸メチルエステル(FAME) の測定

自動サンプル前処理を使用したサケ油中の脂肪酸メチルエステル(FAME) の測定

Pub.No. 5990-9799JAJP

【要旨】

Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチを使用して、脂肪酸(FA) の誘導体化を自動で行いました。遊離脂肪酸はガスクロマトグラフでテーリングが起こるため、脂肪酸を脂肪酸メチルエステル(FAME) に変換する方法が広く使用されています。手動によるサンプルの誘導体化には時間が掛かり、繰り返し再現性が低下することがあります。自動的な誘導体化では、再現性が大きく向上し、時間が短縮されます。

分野 食品
キーワード サンプル前処理、FAME、 脂肪酸メチルエステル、省力化、GC、GC/MS 
掲載年月 2012/10
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 205kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent ワークベンチ7696A を使用して前処理したサケ油サンプルのGC/FID クロマトグラム