ZORBAX RRHD カラムを用いたインタクトおよび還元型モノクローナル抗体の分離最適化

ZORBAX RRHD 300SB-C3 カラムを用いたインタクトおよび還元型モノクローナル抗体の分離最適化

Pub.No. 5990-9667JAJP

【要旨】

ZORBAX RRHD 300SB-C3 カラムを用いて、インタクトおよび還元型モノクローナル抗体 (mAb) の高速逆相分離を最適化しました。連続分析シーケンスの際に、ZORBAX 300SB-C3 カラムの耐用期間における安定性と再現性を評価したところ、堅牢な分離性能が得られると同時に、高温と高圧に対する優れた耐性が実証されました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード インタクト、還元型モノクローナル抗体、mAb、ZORBAX、 300SB-C3、LC、 LCカラム 
掲載年月 2012/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 512kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ZORBAX ラピッドレゾリューション High Definition カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent ZORBAX Rapid Resolution High Definition 300SB-C3、2.1 x 100 mm、1.8 μm カラムにより実現した還元型モノクローナル抗体の高速分離。