RRHD 300SB-C8 カラムを用いた還元モノクローナル抗体の高速 UHPLC 分析

Agilent ZORBAX Rapid Resolution High Definition (RRHD) 300SB-C8 カラムを用いた還元モノクローナル抗体の高速 UHPLC 分析

Pub.No. 5990-9631JAJP

【要旨】

最適なクロマトグラフィー条件下で Agilent ZORBAX サブ 2 μm Rapid Resolution High Definition (RRHD) 300SB-C8 逆相カラムを用いて、還元およびアルキル化モノクローナル抗体の高分離能/超高速分離を実現しました。StableBond C8 相と RRHD カラム技術に、堅牢なグラジエント溶出条件を組み合わせれば、軽鎖および 2 つの重鎖のモノクローナル抗体変異型を高速かつ高効率で、4 分未満で分離できます。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード モノクローナル、C8、300SB-C8、抗体、LC、ZORBAX、RRHD 
掲載年月 2012/08
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 376kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1290 Infinity LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent ZORBAX Rapid Resolution High Definition 300SB-C8、1.8 μm カラム、2.1 x 100 mmを用いた還元およびアルキル化モノクローナル抗体の超高速分離に最適化した2つのグラジエントの比較。