アジレントの弱陽イオン交換カラムを使用したタンパク質分離の最適化

アジレントの弱陽イオン交換カラムを使用したタンパク質分離の最適化

Pub.No. 5990-9628JAJP

【要旨】

弱陽イオン交換固定相が含まれるカラムを正電荷を持つタンパク質の分離に使用すると、分離の改善に効力を発揮します。特に注目すべきは、移動相の溶離液の pH を調整することで得られる選択性の違いです。1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC システムに設置した Agilent バイオ WCX カラムと Agilent Buffer Advisor ソフトウェアを使用して対象となるパラメータを調べ、これらのパラメータを変化させることで対象化合物の分離能を最適化できる方法を確認します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード たんぱく質、バイオイナート、陽イオン、WCX、1260、LC 
掲載年月 2012/08
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 465kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent バイオ WCX、NP10、4.6 x 250 mm カラムを使用した pH 6.0 におけるタンパク質標準の分離