鉱油分析のための自動クリーンアップ

Agilent 7696Aサンプル前処理ワークベンチを用いた鉱油分析のための自動クリーンアップ

Pub.No. 5990-9163JAJP

【要旨】

水サンプル中の鉱油(炭化水素油) の測定では、液液抽出後に Florisil を用いて抽出液のクリーンアップを行い、GC-FID で分析します。Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチシステムを使えば、液液抽出後のサンプルの脱水とク リーンアップを自動化できます。鉱油画分を得るクリーンアップ工程はきわめて効率的に行うことができ、また、鉱油画分に関しては高い回収率と優れた再現性が得られます。

分野 金属、鉱業環境
キーワード 石油、鉱油、GC-FID、FID、サンプル前処理、 ワークベンチ、7696A、  
掲載年月 2012/02
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 2.21MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7696A サンプル前処理ワークベンチシステム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

石油系オイル 400 ng/μL とステアリン酸ステアリル 80 ng/μL の GC-FID クロマトグラム。
上図: ヘキサン抽出物の脱水・クリーンアップ前、
下図: Agilent 7696 サンプル前処理ワークベンチシステムによるヘキサン抽出物の脱水・クリーンアップ後