コーヒー中硫黄化合物の分析

Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS を使用したコーヒー中硫黄化合物の分析

Pub.No. 5990-9076JAJP

【要旨】

Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS システムの分離能、感度、および質量精度により、迅速でシンプル、そして信頼性の高いコーヒー中微量硫黄化合物の分析が可能になります。

GC/Q-TOF メソッドでは、コーヒーに含まれる中程度の揮発性を持つ硫黄化合物を分析する前に単純な液液抽出を行うだけで、サンプル前処理には十分です。質量誤差の低い高分離能質量スペクトルは、対象化合物を厳しいマトリックス干渉から 分離する場合に役立ちます。Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS は、質量精度の誤差が 5 ppm 未満の低 pg のメソッド検出下限を提供します。

分野 エネルギー&石油食品
キーワード 食品分析、コーヒー、硫黄化合物、7200、Q-TOF、微量分析 
掲載年月 2012/08
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 943kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200 Q-TOF for GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

マトリックスの複雑さを示すコーヒー抽出物の TIC (硫黄化合物標準の添加はなし)