血中エタノールの分析

Agilent 7820A GC および 7697A ヘッドスペースサンプラを使用した血中エタノールの分析

Pub.No. 5990-9021JAJP

【要旨】

Agilent 7820 GC および 7697A ヘッドスペースサンプラは、血液に含まれるエタノールを測定するための低コストの機器構成です。オートサンプラから検出器までを EPC で完全に制御することによって、優れた繰り返し精度と容易な操作が実現します。これは、ルーチン QA/QC ラボにとって理想的です。国家標準[1]によると、酒酔い運転は、血中エタノール濃度が 80 mg/100 mL 以上の場合、酒気帯び運転は血中エタノール濃度が 20 mg/100 mL 以上の場合と定義されています。この定量要件を満たすために、両方の限界を特定できるように、10 mg/100 mL ~ 160 mg/100 mL の広い範囲でメソッドの検量線を作成しました。

参考文献
[1]GB19522-2004 Blood-breath alcohol concentration and examination for driving

分野 法医学
キーワード 血中エタノール、ヘッドスペース、GC、 血液 
掲載年月 2012/01
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 172kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

繰り返し精度 – 血液サンプル中にスパイクした 60mg100/mL エタノール標準 (5 回)