地質学サンプル中の主要元素および微量元素の測定

4100 MP-AES による地質学サンプル中の主要元素および微量元素の測定

Pub.No. 5990-9014JAJP

【要旨】

一般に、地質学サンプルに含まれる主要元素や微量元素の測定には、フレーム原子吸光分光分析法 (FAAS)や誘導結合プラズマ発光分光分析法 (ICP-OES) が用いられます。アジレントは新しい 4100 マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置 (MP-AES) を開発しました。この機器は、分析性能という点で FAAS よりも優れ、使用コストを削減できるほか、夜間を通じた無人分析を可能にするものです。4100 MP-AES は、高度に自動化された多元素分析システムで、優れたマトリックス耐性とサンプルスループットを備えています。これにより、ユーザーのトレーニングやメソッド開発の 手間を最小限に抑えながら、分析困難なサンプルでも迅速かつ確実に分析することができます。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)材料試験・研究金属、鉱業
キーワード 地質学サンプル、 マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置、 多元素分析システム 
掲載年月 2012/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 731kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
4100 MP-AES 分光分析装置
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

4100 MP-AES による Ag、Cu、Mo、Ni、Pb、Zn の分析結果を予想分析値に対してプロットしたもの