菜種油中農薬の分析

Agilent EnviroPrep を用いたゲル浸透クロマトグラフィーによる菜種油中農薬の分析

Pub.No. 5990-7622JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent EnviroPrep 分取カラムを用いて、菜種油から農薬を分離する手法を説明します。このステンレス製カラムには、高分離能マクロポーラス充填剤が充填されており、あらゆる分取HPLC システムで使用できます。

分野 環境食品
キーワード EnviroPrep、 分取、HPLC、菜種、食品、残留農薬、 
掲載年月 2012/04
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 107kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
EnviroPrepカラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

濃度1.0 %~7.0 % (w/v) における菜種油の分析クロマトグラム。7.0 % (w/v) の濃度でも、分離能を大きく低下させずに、菜種油と添加物を分析できることが示されています