サバ中の農薬分析

Agilent EnviroPrep を用いたゲル浸透クロマトグラフィーによるサバ中の農薬分析

Pub.No. 5990-7621JAJP

【要旨】

食品安全プログラムの一環として、海産物サンプルに含まれる農薬 1,2,3,4,5,6-C6H6Cl6 の濃度を分析しました。食品および環境サンプルの簡単な精製テクニックであるゲル浸透クロマトグラフィー(GPC) を使用し、分離には、Agilent EnviroPrep カラムを選択しました。

分野 環境食品
キーワード 農薬、enviroPrep、ゲル浸透、GPC、食品、残留農薬、前処理、カラム 
掲載年月 2012/04
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 98kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1260 Infinity アイソクラティックポンプ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

このクロマトグラムでは、EnviroPrep カラムを使えば、カラム上で排除された高分子量の脂質と低分子量の農薬が分離されることが示されています。これにより、溶媒中の農薬のみを回収し、分析することができます