各種食品試料中アフラトキシン類のトリプル四重極 LC/MS 分析

各種食品試料中アフラトキシン類のトリプル四重極 LC/MS 分析

Pub.No. 5990-6991JAJP

【要旨】

アフラトキシン類は、真菌の aspergillus flavus および aspergillus parasiticus が産生する発がん性の高い 2 次代謝産物で、穀類やトウモロコシ、ピーナッツなどの食品で検出されます。世界中で測定すべき最小値が定められており、食品や家畜飼料中の値は通常 20 ppb とされています。日本の値はそれよりも厳しく、アフラトキシン B1 で 10 ppb とされていますが、総アフラトキシン量で 10 ppb に変更される見込みです。ここで紹介するメソッドでは、選択性と感度の高いトリプル四重極 LC/MS/MS を MRM モードで使用していますが、そうした値を大きく下回る濃度の食品マトリックス中アフラトキシンを検出することが可能です。

分野 食品
キーワード アフラトキシン、真菌、トリプル四重極、LC/MS、LC/MS/MS、6460、 QQQ、 食品 
掲載年月 2011/10
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 275kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
トリプル 四重極 LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

分散SPE サンプル前処理を用いた場合の
アフラトキシンB1、B2、G1、G2 のLOD