サイズ排除クロマトグラフィによるモノクローナル抗体の分析

Agilent BioSEC カラムと Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC を用いたサイズ排除クロマトグラフィによるモノクローナル抗体の分析

Pub.No. 5990-6414JAJP

【要旨】

Anti-FLAG と BL05 という 2 つのモノクローナル抗体 (mAb) の純度と安定性を分析しました。高感度の Agilent 1260 Infinity ダイオードアレイ検出器を用いて、低濃度でこれらの抗体を分析しました。。どちらの mAb についても、他社製カラムで得られた結果よりも、抗体のメインピークから変異体を良好に分離できました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード mAb、 LC、 LC/MS、 DAD、 バイオイナート、 
掲載年月 2011/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.25MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

移動相 A を用いて 3 つのカラムで得られた Anti-FLAG mAb
(5 倍に希釈) 1 μL の SEC 分析結果