トリプル四重極 LC/MS による貝に含まれる脂溶性海産毒の堅牢な高感度分析

Agilent 6460 トリプル四重極 LC/MS による貝に含まれる脂溶性海産毒の堅牢な高感度分析

Pub.No. 5990-6377JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、脂溶性海産毒を測定するための高感度 LC-MS/MS メソッドを紹介します。ここでは、オカダ酸 (OA)、ジノフィシストキシン (DTX)、およびアザスピロ酸 (AZA)、ペクテノトキシン (PTX)、イエッソトキシン (YTX) といったポリエーテル系毒素などの海産毒を測定しました。

分野 食品環境
キーワード LC/MS、 環境、 食品安全性、マリントキシン、バイオマリントキシン、貝、オカダ酸(OA)、 ジノフィシストキシン(DTX)、 アザスピロ酸(AZA)、 ペクテノトキシン(PTX)、 イエッソトキシン(YTX) 、 毒素、 海産毒、 Agilent 6460 
掲載年月 2014/11
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 651kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6460 トリプル四重極 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

OA 標準および実際の貝サンプル、OA および DTX-2 を含む
OA 23 μg/kg および DTX-2 130 μg/kg