複雑な天然抽出物に関するコンピュータを利用した分析 - 既知化合物の検出および未知化合物の同定

複雑な天然抽出物に関するコンピュータを利用した分析
アジレント MassHunter Metabolite ID ソフトウェアを用いた Q-TOF 質量分析による既知化合物の検出および未知化合物の同定

Pub.No. 5990-3234JAJP

【要旨】

本アプリケーションノートでは以下の事柄に関する実例を示します。

• 複雑な天然抽出物に含まれる既知の化合物および未知の新規化合物に関するコンピュータを利用した分析。
• アジレント MassHunter Metabolite ID ソフトウェアの使用。このソフトウェアは、複雑なデータから化合物を特定するための分子特徴抽出 (MFE) アルゴリズムに加えて天然抽出物の分析アルゴリズムをいくつか追加実装したものです。
• Agilent 1200 シリーズ Rapid Resolution LC (RRLC) システムによる複雑な天然抽出物の成分分離。
• エレクトロスプレーイオン化四重極飛行時間 (Q-TOF) 測定方式の質量分析による正確な分子量の測定。
• 2 種類のチョウセンニンジン亜種から抽出した物質の比較データ分析。これにより、一方の亜種だけに含まれる化合物や 2 つの亜種で濃度の異なる化合物を特定します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 天然抽出物、既知化合物、未知化合物、コンピュータ分析 
掲載年月 2009/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 803kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
MassHunter Metabolite ID ソフトウェア
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

擬似ジンセノシド、F11 の MS/MS スペクトルと構造解釈