LC/Q-TOFを用いた環境関連化合物の分析: 第3部 イミダクロプリドとマヌール

LC/Q-TOFを用いた環境関連化合物の分析: 第3部 イミダクロプリドとマヌール

Pub.No. 5989-9129JAJP

【要旨】

パルプ工場からの廃液、汚水、または農薬の流出は、複雑な混合物として環境水に放出されます。本報では、2種類の放出化合物 (殺虫剤とパルプ工場の凝縮物) を使用して、LC/四重極-TOF質量分析計 (LC/Q-TOF) の感度、直線性範囲、定量、および定性分析機能を示します。

分野 環境
キーワード イミダクロプリド、マヌール、殺虫剤 
掲載年月 2009/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 362kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6500 シリーズ Q-TOF LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

マヌールと不純物質の特性解析