725 化合物 DRSデータベースと GC/MS/NPD システムを用いた法中毒スクリーニングの改善

725 化合物 DRSデータベースと GC/MS/NPD システムを用いた法中毒スクリーニングの改善

Pub.No. 5989-8582JAJP

【要旨】

中毒学スクリーニングを実行するラボでは、複合マトリクス干渉物中の多数のターゲット化合物を検索することが課題になっています。法医学の分野では、GC/MS 法が広く使用されています。フルスキャン EI 法は、対象物質数の制限の無い広範なスクリーニング、フルスペクトルによる定性、ノンターゲット化合物を同定するためのライブラリ検索など、多くの利点を提供します。 GC/MS テクノロジの進歩によって、スクリーニングされるターゲット化合物数は大幅に増加し、サンプルあたりの所要時間が短縮されつつあります。

ここで説明するシステムでは、Agilent の G1674AA 法中毒 DBL を使用して725 化合物のスクリーニングが行われます。データ確認時間は、Agilent Deconvolution Reporting ソフトウェアを使用して大幅に短縮されています。大量のマトリクスの分析後の焼き出しは、より高速でシステム保守の少ないバックフラッシュで置き換えられています。高速な GC分析(注入間が9.75分)を使用し、Scan、SIM、および NPD データを同時に収集することで分析時間が短縮されています。 Scanデータはデコンボリューションされ、725 のターゲット化合物のどれであるかを同定されます。SIMデータは、Scanモードでは検出できない低濃度の化合物を探すために使用されます。 NPD の窒素レスポンスはターゲット窒素化合物の確認および必要に応じて定量にも使用されます。このシステムでは、全血サンプル抽出物中の化合物を従来の方法よりも短い時間で検出します。

分野 法医学
キーワード 中毒学スクリーニング、複合マトリクス干渉物、法医学、GC/MS、フルスキャンEI法、G1674AA法中毒DBL、Agilent Deconvolution Reportingソフトウェア、5989-8582JAJP 
掲載年月 2009/01
ページ数 28ページ (PDFファイルサイズ 1.23MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7890A/5975C GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

血液抽出物の分析で得られた Scan および NPD の
拡張スケールクロマトグラム