ZORBAX Eclipse PAHカラムによる多環芳香族炭化水素(PAH)の分離

ZORBAX Eclipse PAHカラムによる多環芳香族炭化水素(PAH)の分離

Pub.No. 5989-7968JAJP

【要旨】

ZORBAX Eclipse PAHカラムとアセトニトリル/水の移動相を用いた逆相HPLCにより、複数の多環芳香族炭化水素(PAH)混合物を分離しました。分析に用いたサンプルには、6種類から24種類までのPAHが混在しています。この範囲のPAHを分離するために、グラジエントと温度の調節により分離を調整しました。分離にあたっては、さまざまなカラムの中から最適なカラムを選択することが重要です。

分野 食品環境
キーワード ZORBAX、Eclipse、PAH、カラム、消耗品、5989-7968JAJP 
掲載年月 2008/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.21MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1200 シリーズ
Rapid Resolution LC システムと LC カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

FLD検出の定量的感度:Eclipse PAH 4.6 mm×
50 mm(1.8μm)カラムを用いた場合のEPAメソッド
610 PAHのシグナル/ノイズ比は、≧ 10です。