食品中のアフラトキシンの測定

Pub.No. 5989-7615JAJP

LC/MS/MSによる食品中のアフラトキシンの測定

穀物中のアフラトキシンG1、G2、B1、およびB2残留物測定のための、Agilent G6410AA LC/MSトリプル四重極質量分析計を用いた、高感度で選択的な分析法を開発しました。この方法では、簡単なサンプル調整とLC/MS/ MSを使用します。穀物類に含まれる全アフラトキシンの検出下限は1ng/mL未満でした。

分野 食品
キーワード アフラトキシン、食品安全性、トリプル四重極質量分析計、LC/MS/MS 
掲載年月 2008/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 554kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 6410 トリプル四重極質量分析計

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

0.2ng/mLで添加された小麦の抽出物の
4つのアフラトキシンのMRM

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

0.2ng/mLで添加されたトウモロコシの抽出物の
4つのアフラトキシンのMRM