パージ&トラップを用いたビール中の微量硫黄化合物の分析

パージ&トラップを用いたビール中の微量硫黄化合物の分析

Pub.No. 5989-6797JAJP

【要旨】

ビール中の微量硫黄化合物は、風味や香りに大きな影響を及ぼすことで知られているため、ビール中の硫黄化合物を検出し、モニタリングすることは、醸造業界にとって重要です。ここでは、前処理装置として、Tekmar3100 パージ&トラップ(P&T)とAQUATek 70オートサンプラ、AgilentのGCを用いることで、ビール中の微量揮発性硫黄化合物の定量分析を自動化した例を紹介します。

分野 食品
キーワード パージ&トラップ、ビール、5989-6797JAJP 
掲載年月 2008/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 229kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 355 化学発光硫黄検出器 (SCD)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

欧州のピルスナーのDB-1クロマトグラフ