ゲノムハイブリダイゼーション (CGH)解析のための堅牢な全ゲノム増幅法

Agilent アレイ比較ゲノムハイブリダイゼーション (CGH)解析のための堅牢な全ゲノム増幅法

Pub.No. 5989-6624JAJP

【要旨】

ゲノムの不安定性はがんと遺伝子疾患の典型的な特徴です。Agilent のオリゴヌクレオチドアレイベースの比較ゲノムハイブリダイゼーション (aCGH) プラットフォームは、ハイスループットかつゲノム全域にわたるスケールでの DNA コピー数変化のプロファイルを提供します。

分野 ゲノミクス
キーワード CGH解析、 全ゲノム増幅法、 アレイ、 ハイブリダイゼーション、オリゴヌクレオチドアレイ 
掲載年月 2012/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.30MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
マイクロアレイ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

1 ng から 100 ng のインプット gDNA において等価な結果を示す Agilent の CGH Analytics の表示画像