国土安全保障関連および環境関連サンプルに含まれる有害化学物質のスクリーニング

GC/MS/ECD/FPD と731 化合物DRS データベースによる国土安全保障関連および環境関連サンプルに含まれる有害化学物質のスクリーニング

Pub.No. 5989-4834JAJP

【要旨】

有害化学物質が関与した国土安全保障上および環境上の事件に対処するには、まず第1 に含まれている化学物質を迅速かつ正確に同定することが必要で、第2 に多数のサンプルでその物質を定量的に測定し、事件の対処に役立てることが必要です。調査する対象化合物の性質が不明で、マトリックスが複雑である場合には、その分析のメソッドを開発することは非常に困難です。本実験における方法では、ガスクロマトフィー/質量分析法(GC/MS) システムで、カラム終端にマイクロ流体スプリッタを接続して使用しました。デコンボリューションレポートソフトウェア(DRS) を使用することにより、迅速で正確なMS データの解釈が、特に高マトリックス汚染物のあるサンプルで行うことができました。

分野 国土安全保障環境
キーワード 有害化学物質、高マトリックス汚染物、スクリーニング 
掲載年月 2006/11
ページ数 24ページ (PDFファイルサイズ 1.38MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
5975C シリーズ GC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

水に含まれる揮発性有機化合物の室温ヘッドスペース分析(対象化合物100 ppb に市販ガソリン100 ppm を
加えたサンプル)