タンパク同化剤のスクリーニングと確証分析

精密質量LC/MS を使用したタンパク同化剤のスクリーニングと確証分析

Pub.No. 5989-4738JAJP

【要旨】

直交軸飛行時間型(oa-TOF)質量分析計に、大気圧化学イオン化インターフェースを装備したAgilent LC/MSD TOFを使用して、1 ~ 2 ng/mL 濃度の尿抽出物に含まれる4種類のタンパク同化剤および1 種類の内部標準を分析した。TOF 装置の高い質量正確さ(3 ppm 以下)により、組成式による優れた確認と抽出イオンクロマトグラム(EIC) を使用した定量の両方が可能になる。LC/MSD TOF の精密質量測定能力により、大部分のケミカルノイズの影響を排除した十分に狭い質量幅のEIC を生成できる。クロマトグラフ分離能および分析スピードの向上のため、粒子径1.8 µm のC18 カラムを使用した。

分野 法医学
キーワード タンパク同化、 ステロイド、 スクリーニング、accurate-mass 
掲載年月 2006/12
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1012kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6220 Accurate TOF LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

尿中2 ng/mL 抽出物からのスペクトル
(19- ノルアンドロステロン1 ng/mL)
(カラムへの導入量 240/120 pg)