水中揮発性有機化合物分析に使用するeMethod の開発

新Agilent 5975 inert 質量分析計とパージ& トラップ/GC による水中揮発性有機化合物分析に使用するeMethod の開発

Pub.No. 5989-3347JAJP

【要旨】

新しいAgilent G1701DA (バージョン2.0.00) ソフトウェアでは、ガスクロマトグラフィー/質量分析法(GC/MS) の分析メソッドを、わずか数ステップの操作で単一のパッケージにまとめることができ、類似の構成を持つ他のGC/MS システムに容易にメソッドを移植して使用できます。

分野 環境
キーワード 水中揮発性有機化合物、メソッド開発、GC/MSD 
掲載年月 2006/04
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 652kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS(Agilent 6890N GC、Agilent 5975 シリーズ MSD)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

60 種類のVOC 標準品サンプルのクロマトグラム
(表4 記載の3 種類の内部標準と
4 種類のサロゲートを含む)。
分析条件は本資料に記載のeMethod による。