依存性薬物スクリーニング分析メソッドの開発:LC/TOF-MS

LC/TOFMS による依存性薬物スクリーニング分析メソッドの開発

Pub.No. 5989-3157JAJP

【要旨】

ヒトサンプル中に含まれる依存性薬物のスクリーニングは、現代社会と密接に関連しています。雇用者、警察官、刑務官、法科学者たちは皆、薬物スクリーニングの正確さを頼りにしています。現在、この分析には簡易な免疫測定法がごく一般的です。これらのメソッドでは、多数のサンプルを迅速にスクリーニングできますが、その後に確認検査が必要で、サンプルの誘導体化とガスクロマトグラフ/マススペクトロメトリー(GC/MS) による検出のに多くの時間が掛かります。このアプリケーションノートでは、Agilent 飛行時間型マススペクトロメータ(LC/MSD TOF) をスクリーニングと確認検査の両方のツールとして使用し、1 回の分析が30分で可能になる方法について記述しています。

分野 法医学
キーワード 濫用薬物、 質量分析装置、LC/MSD TOF 
掲載年月 2006/05
ページ数 24ページ (PDFファイルサイズ 1.33MB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6220 Accurate TOF LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

コカイン、ベンゾイルエクゴニン、フルニトラゼパム、
および7-アミノフルニトラゼパムを
100 ng/mLで添加した尿の全イオンクロマトグラム(TIC)