水道原水および処理水中のアクリルアミド分析

水道原水および処理水中のアクリルアミド分析

Pub.No. 5989-2884JAJP

【要旨】

Agilent の液体クロマトグラフィー/飛行時間型質量選択検出器(LC/MSD TOF)とオンラインサンプル抽出を組み合わせ、飲料水中のアクリルアミドの高速・ハイスループット定量を実施できる液体クロマトグラフィー/質量分析(LC/MS)手法を開発しました。この手法の定量限界は0.25 μg/L で、飲料水中に含まれるアクリルアミドの最大安全濃度を0.5 μg/L とする世界保健機構ガイドラインの要件を満たしています。飛行時間型質量分析の利点である優れた感度に加えて、6.4 ppm という質量精度により、特異性の高さも証明されました。また、標準偏差は小数第3 位以下であり優れた再現性も証明されています。

分野 環境
キーワード 水、水道、処理水、アクリルアミド、LC/MSD TOF、5989-2884JAJP 
掲載年月 2005/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 362kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6220 Time of Flight (TOF)LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

1 回の注入により得られた72.0460 におけるアクリルアミドのモノ同位体分子イオン質量(M+H)+ の例

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

アクリルアミド1 μg/L の抽出イオンクロマトグラム

分析結果の一例

分析結果の一例3 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

アクリルアミド-d3 1 μg/L の抽出イオンクロマトグラム