負イオンモードLC-ESI-MS で水サンプルを分析した場合に生じるイオン化抑制の削減

負イオンモードLC-ESI-MS で水サンプルを分析した場合に生じるイオン化抑制の削減

Pub.No. 5989-2883JAJP

【要旨】

LC-ESI-MS(エレクトロスプレーイオン化液体クロマトグラフィー/質量分析)を負イオンモードで実行した場合に生じるイオン化抑制効果を減少させる実験条件を、2 種類の化合物、ステロイド性エストロゲンと酸性除草剤を使用して説明します。

分野 環境
キーワード LC/MS、 quad、 LC/MSD、負イオンモード、水、エレクトロスプレーイオン化、LC-ESI-MS、エストロゲン、5989-2883JAJP 
掲載年月 2005/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 333kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

混合標準物質の抽出イオンクロマトグラム(EIC)。
各標準物質を25 ng/L で添加。

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

各標準物質を20 ng/L 添加した水道水抽出物のEIC