on-chip 染色法を用いた初代細胞における遺伝子発現のフローサイトメトリー解析

Cytometric Analysis of Upregulated Functional Gene Expression in Primary Cells by On-Chip Staining (on-chip 染色法を用いた初代細胞における遺伝子発現のフローサイトメトリー解析)

Pub.No. 5989-2718EN

【要旨】

IL-b で刺激した臍帯静脈内皮細胞 (HUVEC) 中の E-セレクチンの発現、および phorbol-12-myristate-13-acetate(PMA) で活性化させた初代リンパ球の CD3 抗原の発現をセルアッセイを用いて検出した。生細胞検出のためのCalcein-AM と、APC 標識抗ヒト CD3 および CyChrome 標識抗ヒトE-セレクチンを用いた。本方法は染色後の細胞の洗浄は不要の、いわゆる "on-chip" 操作であり、非常に簡便である。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)、初代リンパ球、on-chip染色、タンパク質発現 
掲載年月 2005/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 215kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Activation of peripheral blood lymphocytes by phorbol-12-myristate-13-acetate (PMA). Lymphocytes were treated with 3.3 x 10–2, 1 x 10–1, 3.3 x 10–1, 1, or 3.3 ng/mL of PMA for 5 hours.