高スループット委託分析ラボでの金属分析手法と ICP-MS の相対コスト

高スループット委託分析ラボでの金属分析手法と ICP-MS の相対コスト

Pub.No. 5989-1585JAJP

【要旨】

フレームレス原子吸光法および誘導結合プラズマ発光分光分析法を使用する金属分析ラボのために、誘導結合プラズマ質量分析法へ移行した場合のコスト削減額を計算できるコストモデルを作成しました。ここでは、アメリカにおける複数の典型的なラボでの結果を例として紹介します。

分野 金属、鉱業環境半導体/電子材料
キーワード 金属分析、 ICP-MS  
掲載年月 2005/05
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 156kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7500 ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ICP-MSの月ごとの未払い残高と比較した、
3種類のサンプルロード数における
ICP-MS購入の累積投資利益率。